最近、PCで編集していて、気になっていたので、設定を変更しました。

なぜか以前は気にならなかったのですが、文字入力の機会が増えた為か、Windows10にアップグレードした後から、1日に何度もイライラさせられます。何かというと、入力済みの文字の一部をSpaceに変換したいときに、文字を選んで「Space」を押すと再変換!!まぁ、これは設定上は正しい動きですが、大量に入力した後にまとめて校正するするような進め方をする人・仕事ならありがたい機能なのでしょうが、私のように短文入力(ECショップの商品説明やショート記事)で、誤入力は再入力する人には、迷惑な機能割り当てとなってしまいます。

PCを変更した際に、自分用に再設定なんてなるべくしたくない人なので、基本的にはOSの初期設定に自分を合わせて使っており、なるべく設定変更はしたくないのですが、さすがにイライラするので再変換を無効というか、単純に無効では芸がないので、割り当てキーを「Space」から初期設定では割り当てのない「Shift+変換」に変更しました。

手順は、簡単です。Windows7までとは設定画面の場所がすこし違うだけです。

文字入力できる場所を選ぶとタスクバーにIMEが有効となるので、そこでマウスの右クリックして、プロパティを選択、あとは以下の通り。

Microsoft IMEプロパティを開く

Microsoft IMEプロパティを開く

プロパティが開くので、詳細設定を選び。OKを押して、IMEの詳細設定画面を開く。

プロパティが開くので、詳細設定を選び。OKを押す。

開いた画面で少し下にスクロールすると「再変換」があるので選択して、「変更」を押す。

開いた画面で少し下にスクロールすると「再変換」があるので選択して、「変更」を押す。

再変換が選択された画面となるので、一番左上の「-」を選択して「OK」を押す。

再変換が選択された画面となるので、一番左上の「-」を選択して「OK」を押す。

ここまで、再変換に割り当てられたキーがなくなるので、再変換を別のキーに割り当てます。

「Shift+変換」のところが「-」で未割り当てなので、ここに再変換を割り当てます。「-」を選んで「変更」

「Shift+変換」のところが「-」で未割り当てなので、ここに再変換を割り当てます。「-」を選んで「変更」

「-」となっているので「再変換」を選んで、「OK」

「-」となっているので「再変換」を選んで、「OK」

このような「ユーザー定義」の状態になりますので、あとは、「OK」を数回押して、プロパティ画面が閉じれば、設定完了!

このような「ユーザー定義」の状態になりますので、あとは、「OK」を数回押して、プロパティ画面が閉じれば、設定完了!

簡単ですね。

これで、「Space」で再変換されることなく、再変換したいときには、「Shift+変換」でできるようになりました。

~おわり~