Vistaのサポート終了期限が近づき、Google Chromeからサポート終了のアナウンスが通知されるようになり、延命処置としてOSアップグレードを行いました。

具体的には、Fujitsu FMV-DESKPOWER F/C50T (FMVFC50TW)をお預かりして、Windows8.1をインストール後、最終的にWindows10の無償アップグレードをしました。このPCは、2009年春モデルで、Vistaモデル。Windows7までのサポート、ノートパソコンをデスクトップにした一体型となります。

事前に調べた結果では、Windows10UpgradeAdviserから警告が出てインストールできないような情報もありましたが、実機でHWの構成を確認した結果とメーカがWindows7対応のUpdateを公開している状況から、少なくともWindows8.1は対応可能と判断し、Windows8.1経由でWindows10へアップグレードを行いました。

よくご存じの方は、すぐにできるはずがないと思われたかもしれません。今回はお客様がTV機能が不要(必須条件)で、現状のインターネットとはがき作成の機能が使えればOKとの事でお預かりしました。幸い購入時に添付されていたDVD媒体もお借りできました。(赤いアプリケーションディスク&ユーティリティディスク 1枚とOffice媒体)

1.お客様の必要と思われるデータを退避(今回はDドライブに十分な空きがありましたので、作業にはこちらにCopy。念の為にDVDへもバックアップ)

2.現状をプリインストールのFM簡単バックアップでDドライブにCドライブをバックアップ、念の為にDVDへもバックアップ(10枚必要でした(-_-;))

3.Fujitsu様のサイトからアップデートファイルを入手。USBメモリへ

4.安定化のBIOSアップデータが出ていましたのでこれを適用(Vista上で実施)

5.Windows8.1をインストール(ごみは不調の要因となりますからCドライブをフォーマットしてインストール)

6.インストールは通常のOS新規インストールで問題なく完了。この時点ではデバイスマネージャーで2つの!マーク

7.マルチメディアの!マークはTVチューナーで「Windows® Media Center」のないWindows10では使用できないので、無効設定でもOKと思われますが、ここでは、Windows7用のデジタルテレビドライバ(WMC)をOS互換設定で適用

8.もう1つの「ACPI&VEN_FUJI&DEV_02E3」の!マークは、アプリケーションディスク&ユーティリティディスクを検索インストールで消えます。

9.「アプリケーションディスク&ユーティリティディスク」から必要なソフトウェアとドライバーをインストール。

アプリは、(今回は最終的に動作すると判断したものをインストールしました。)

  • ランプオフ設定
  • indicatorutility(Updateあり)
  • WinDVD
  • リモコンマネージャー(Updateあり)
  • ワンタッチボタン設定
  • DVD MovieWriter
  • @メニュー
  • @メニュー情報設定
  • 3D Mediasurfing
  • 電子辞書
  • スーパー総合辞書、2つ(Microsoft.NET Frameworkを要求されるが、3.5 Service Pack1を入れる)
  • Roxio Creator
  • Adobe Reader(これはR9で古いが…)

ドライバーは、

  • O2Micro メモリーカードドライバー(Updateあり)
  • イジェクトボタンユーティリティ(Ejectが効かない場合には再インストール)

注意:FM簡単バックアップはWindwos8以降では動作しません。CDからのリストアのみ対応

10.Windows8.1のMicrosoft Updateをすべて適用して最新化

11.Windows10にアップグレード

12.DVDのEject確認、動作しない場合は、再度ドライバを適用

13.セキュリティソフトをインストール、設定(今回は、個人的に実績から信頼をしているESETを適用)

14.完了

FMV-DESKPOWER C/50T FMVFC50TW

Windows10で快適

16インチLCDは小さいですが、その分、おしゃれできれいな画像を表示してくれます。

残念ながらTVは使えなくなりましたが、普通のご家庭であれば、当分安心してご使用頂けると思います。

お仕事なので、作業代は頂きましたが、新規にパソコンを購入されるのに比べると、ずっとお安く出来上がりました。

沢山流通している4桁価格のOS(これってMSDN OSライセンスの切売りではないかと個人的には考えているのですが、実際どうなんでしょうか?中にはWindow10にアップグレード後のPC添付媒体を流しているものもあるのでは....)は使用せず、確実に正規品のOSを使用しましたので、その分高くはなってしまいましたが....

CPUがCore2Duo以降メモリが2G以上のパソコンで、今も満足されているなら、ぜひWindows10にアップグレードを検討しましょう。とくにVistaをご使用なら体感的にずいぶんと快適になります。

ちなみに無償アップグレードは7月ころまでのようですので決断はお早めに(愛媛県内、松山市近傍の方は、お気軽に弊社までご相談ください。)

改善はされつつありますが、最初はWindows10のフォントの見難さとWindowsのシンプルさが気になるかもしれません。操作性よりも綺麗な画面にこだわりたい場合は、Windows8.1に留めるのも良いかもしれません。

 

※補足

Windows8.1のインストールで、Windows10にアップグレードを促されますが、ここでは、アップグレードしない方が安全と思います。2度確認があり、確実に拒否しないとバックグランドでWindows10のダウンロードがされてしまい、Windows8.1の最新化ができません。(あとで修正はできますが....)

もう一つ書き忘れました。Office媒体も預かり、これもWindows8.1でインストールして最新化してからWindows10へ。基本的に古いOSに添付されたソフトウェアは早い段階でインストールしておいた方が、インストールチェック等でNGとなったり、ダイナミックファイルの不足でトラブったりが少ないと思います。