「ラジオでいうたったー」は、民放101社が協力して行っているプロジェクトだそうで、おもしろい試みなので、遅ればせながら、pickup!

「ラジオでいうたったー」は、民放ラジオ101局がひとつになって、何かみんなのためにできることはないか?という思いから生まれた、画期的なソーシャルプロジェクト。
それは、普段思っているけれど、なかなか言葉にできない「ちょっと世の中をよくする」メッセージを、Twitterやキャンペーンサイトから集め、101 局のラジオでリツイート(音声に変換してオンエア)することで、もっとたくさんの人に聞いてもらおう!という全く新しいしくみです。
世の中が、ちょっと良くなるきっかけになりますように。

メッセージ受付期間:2015年3月3日(火) 〜 3月31日(火)

オンエア:3月23日(月) 〜 4月5日(日)

もう締め切り間近ですね~、興味がある方は急ぎましょう~!!

ソーシャル(Twitter)とテキスト読み上げソフトのコラボってありそうでなかった新しい試みですね。

なんか放送コードとかどうするんだろうとは思いますが、ラジオから聴く限りはかなりの表現も機械がしゃべるんだから。。。。と許容されそうな雰囲気。。。。。

さて、テキスト読み上げソフトといえば、

最近は、スマホでもお手軽にできたりしますが、案外日本語をまともに聞き易く読み上げてくれるものはない様に思っていましたが、かなり進化しているようですね。

PC用だとこれでしょう。

CeVIO Creative Studio 通常版

新品価格
¥10,681から
(2015/3/26 12:31時点)

これが面白いですね。歌を歌わせることもできます。

このソフトのすばらしいところは、「魅力的なキャラクターを生み出す映像・音楽のクリエイター集団と、豊かな感情表現が可能な音声合成技術・歌声合成技術を持つ技術者集団の融合によって生まれた」というのがいいですね。

※ちょっと残念なのは、CeVIOのページが重過ぎ!!改善した方が普及にもつながると思う。閉めたのかなと思ってしまいました。

そして、歌うとなると、YAMAHAの「VOCALOID」、初音ミクをはじめ沢山のキャラクターを生んで、いまも進化中

YAMAHA ヤマハ VOCALOID4 Editor for Cubase

新品価格
¥10,800から
(2015/3/26 12:43時点)

いずれも、残念ながら、ちょっと会社紹介や商品のナレーションに使いたいと思うと別にライセンス料が発生して、中小企業ではハードルが上がってしまうのが残念!
アフィリエイト的な使い方で、「使用したことで売上げが上がった分から手数料」とかのライセンスがあるともっと使われるような気がします。

これらとは逆に音声をテキストにしてくれる、いわゆる音声認識ソフトも進化しています。

google先生の検索なんかもかなりいい線で音声認識してくれますよね。

 これらのソフトって、福祉、教育、観光など様々な分野でもっともっと使われて、更に進化していってほしいです。

擬似的に人間と会話するロボットまで登場してきて、ちょっと前までSFだったのか、NFになってますねぇ。

今後、どこまで進化するか楽しみです。