個人的には、パソコンは、標準規格品で自分で組み立てるもので、ノートパソコンは、外出時とかちょっとお風呂やベッドで動画をみたり簡単な調べ物をする程度で、まったく高スペックは必要ないがポリシーなんですが、ノートパソコンがほしい。。。。しかも主な用途はゲーム用。。。。。と。。。。。。

本来なら、ゲーム用なら、絶対に標準規格部品で組み立てるデスクトップパソコンをおススメする。なぜなら、部分的にパーツをグレードアップすることで、ゲームが要求するスペックが上がっても、買い換えることなく追従できますし、なにより故障時も部品に困らずメーカのサポート期間に影響されず何年も安心して使用できるからです。

個人事業主や中小企業の方にも標準規格部品で組み立てたデスクトップパソコンをおススメします。しっかりした作り手がちゃんとくみ上げた物は、メーカ品に見劣りしませんし、メーカ品を購入される場合も、標準規格部品でくみ上げたモデルを選ぶことで長く使える場合が多いと思います。ショップブランドパソコンや白箱(SHIROBAKO!ではなくホワイトボックスね)といわれるもの(最近はBTOパソコンと読んでいます)に多いです。(以前はひどいものが沢山あったようですが、いまは淘汰されて、実力のあるものだけが生き残っています。)

ゲーム用のパソコンも、グラフィック性能はオーバースペックですが、高負荷・長時間に耐えられるように考慮されていますし、標準構成だとビジネスモデルよりCPUなどハイスペックでメモリ容量も多かったりしますので、オフィスソフトなど業務ソフトを別途用意する場合は、お勧めできます。

ちなみにGTUNEは、mouse computerのゲームブランドです。

さて、話を戻して、ゲームができるノートパソコンですが、これらのショップが公開しているベンチマーク結果をみると、対象のゲームにもよりますが、2~3年、多少ゲームの設定を落とすくらいで使えそうなものを考えると、最低スペックとして、

CPUは、i5以上、GPUは、GTX860M以上

これなら、しばらくは使えそうです。

ここ数年、ソフト作成環境の影響でしょうかソフトウェアがハードウェアに求めるスペックが肥大化の一方ですので、保障はできませんが、ハードウェアもコストパフォーマンス的にはほぼ飽和していて、ベンチマークでは性能差があっても体感的にはコスト差ほど性能差がなくなっていますので、人間がハイスペック化しなければ、多分大丈夫でしょう。

但し、4Kを意識するなら、i7 + GTX980Mでもぎりぎり、少なくともベンチマーク上は、メーカの宣伝ほど快適・余裕ではないと思われます。SLI搭載ノートパソコンだったり、DellのALIENWARE ゲーム用 PCなどの選択も考えることになりますが、ここまで来るとそもそも持ち運べる意味すらなくなりますので、デスクトップをせったくすべきでしょう。(また、ノートパソコンからはずれた^^;)

ということで、最低ラインで購入なら、

17GSX7100-i5-REB [Windows 7 Professional]通常価格 ¥115,980 ノートパソコンのことならパソコン工房通販ショップ

NEXTGEAR-NOTE i421 シリーズ (GTX860M/ノートPC)ゲームパソコンブランド「G-Tune」

もう少し奮発するなら

15GSX8550-i5-VEB [Windows 7 Professional] ¥205,980 ~ ノートパソコンのことならパソコン工房通販ショップ

NEXTGEAR-NOTE i5702 シリーズ (GTX970M/ノートPC)BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune

 でしょう。この上に4KやSLIモデルがあるけど、それならデスクトップを買いなさい!

30万オーバーのノートパソコン買っても1年後には後悔している可能性が高いと思います。

ここは、ディスプレイは別途購入が必要ですが、これでしょう!

マウスコンピューター IntelCPU『Corei7-4790K』 NVIDIA『GeForce GTX980』搭載 G-TuneゲーミングPC (Corei7 4790K/16GB/2TB 120GB SSD/BD/Geforce GTX980/700W Bronze) 1411NG-i640PA4-SP-AMZN

新品価格
¥214,800から
(2015/3/27 10:34時点)

マウスコンピューター LG-H749B3SG98-TR TERA推奨デスクトップパソコン NEXTGEARシリーズ モニタ別売

新品価格
¥226,800から
(2015/3/27 10:36時点)

ディスプレイは、FullHDなら、業務にもゲームにも耐えられ、比較的目が疲れにくいこれでしょう。

最近、海外勢に押されていますが、製造国が同じでもしっかりした品質管理で安心でしょう。

iiyama Full HD(1920×1080)モード対応 AMVA パネル搭載 WLEDバックライト27型ワイド液晶ディスプレイ XB2783HSU-B1

新品価格
¥28,524から
(2015/3/27 10:45時点)

4Kならこれかな、バックライトのちらつきをなくした「フリッカーレス」設計や、ブルーライトを低減する「ブルーリダクション」機能搭載。

I-O DATA 28型ワイド液晶ディスプレイ 4K対応(3840×2160) LCD-M4K281XB-A

新品価格
¥78,038から
(2015/3/27 11:00時点)

価格の安さと意外な対応の良さ(失礼m(__)m)で、Dellのこちら。出荷が早い分スペック上若干反応が遅いですが、タブレットでOKなら問題ないと思われます。たまにやたら目の良い方がいて残像が、焼付きが....といわれる方がいますが、そういう方は、まだ4K自体を見送られた方が良いと思います。

Dell Pシリーズ 27インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840×2160/60Hz/IPS非光沢液晶/6ms/ブラック) P2715Q

新品価格
¥59,980から
(2015/3/27 11:02時点)

個人的には、4Kが必要なのは、50インチ以上かなぁなんて思ってますが.....