お客様にCAD用のPCを納品、セットアップにあたり、3DCAD用のグラフィックアクセラレータを検討したのですが、どうもマニア心を押さえられず、研究も兼ねて一世代前のハイエンド グラフィックカード GeForce GTX770を入手してしまいました。

お客様に納入前のPCで3DCADでの動作確認ができればと思っていたのですが、日程的に合わず、結果、手持ちのPCで動作確認することになったのですが、なにせハイエンドのロングカードです。実装できる筐体が限られ、手持ちでは、昔NTT-Xで格安販売されていた「NEC Express5800/S70 N8100-9021」の筐体だけでした。(-_-;)

しかし、この子は400W電源なので、推奨電源600WのGTX770の搭載には非力です(安物電源と比較にならない重量感のあるNEC&Delta電源なので実力的には動く可能性はありますが)。やむなく、サブワークPC(先のS70のマザーを搭載)のAntec 横置き型micro ATXケース「NSK2400」に搭載してあった「ANTEC 環境に優しいGREENカラーの高効率650W電源 EA-650-GREEN」(現行モデルだとEA-650 PLATINUM Rev2でしょうか、80PLUS BRONZEからPLATINUMにグレードアップしています!)と電源を入れ替えました。

ANTEC プラチナム PC電源 650W アースワッツシリーズ EA-650 PLATINUM Rev2

新品価格
¥12,380から
(2016/12/3 14:46時点)

さすがS70の電源はメーカ専用品、微妙に互換がない(^-^;…一般的なATX電源に比べて厚さがあり、S70筐体はこの厚みに合わせてあるのでEA-650は普通に実装はできるものの、厚さ違いの分電源と筐体の間に3mm程度の隙間ができてしまいました(とりあえず、現状大きな弊害はなさそうなのでこのまま放置ですが、問題があるようなら、アルミ箔/銅箔テープで隙間埋めすることにします)。dsc_0069

NSK2400への実装はというと、厚みの為にねじ穴が合わない、ATX電源ケーブル(24P、4P)が短く届かない。ケーブの方は延長ケーブルを手配。玄人志向 ATX-EXTの方が安上がりなのですが、4Pが8Pになっていて、並行結線ではないようで4pとしては使えないとのことでやむなく、こちらのAINEX WAX-2430AとPX-007(買い合わせ予定がありましたので、実際の購入は「ATXP4EXT」)となりました。

ATX電源延長ケーブル24pと4pねじ穴は、電源をひっくり返すと2か所ねじ止め可能となるので、2か所ねじ止めとねじ止めのないサイドは防振用にゴムを挟んで対応して、無事入れ替え完了。サブワークPCは再稼働しました。

office-lens-20161203-121130CPUはクワッドコア(95W)ですし、OverClockのAMD HD6850が実装されているので、電源の定格的には微妙ですが、発熱もなく余裕があるようで、念の為に実施した高負荷試験もクリア。さすがサーバ用電源といったところでしょう。このAntecの筐体は、狭い冷えないが巷での評判ですが、グラフィックカードの補助電源の向きにより天板と干渉(このHD6850も)するのとロングサイズのカードが搭載できないくらいで、ちゃんと実装すれば普通に使うにはよい筐体です(派生モデルでいろいろユニークで欠点を一部克服したものもあります。残念ながらグラフィックカードの冷却は厳しめなので、発熱の大きいカードは避けた方がよいです。実装したい場合は、PCIパネルをスリットにすると改善されます。)。通常動作時は無音に近く静穏性も高いです。(このパソコンでゲームをしたり3D性能を要求することはないですし、補助電源の天板への干渉も長期間を考えると心配ですので、最終的にはHD6850は遊んでいるGF210-LE512HD[30.4W]にして常用予定)

肝心のGTX770ですが、こちらも問題なく動作しました。お遊びでベンチマークもしてみましたが、さすがに早い。ただ、評価ツールにもよると思いますがOpenGLがやたら遅い(測定環境のCPUがi3-2120と今となっては比較的非力なことが要因かもしれません。HD6850の半分くらい)….OpenGL系の3DCADにはちょっと微妙。今後実際に3DCADを評価できるタイミングがあれば比較検証してみたいと思います。

(このPCはビデオサーバーを兼ねているので節電も考慮したいので、折角乗せたGTX770[230W]ですが、今後の評価用に大事に保管して、常用はサブワークPCに載せてあるHD6850[127W]か、Intel® HD Graphics 2000だと古いDirectXゲームのオーバーレイが正常に表示されない(-_-;)ので遊んでいるR5450MD512D3HLP/HD5450[15W]とする予定。)

追伸:

今回、電源交換にあたり、延長ケーブルで対応しましたが、今後の動作評価とかも考慮すれば、筐体を別途用意して、丸ごと乗せ換えもあったかと思いました。例えば

Thermaltake Versa H24 Window ミドルタワー型PCケース CS5151 CA-1C1-00M1WN-01

新品価格
¥3,993から
(2016/12/3 16:39時点)

メーカのサイトの画像をみるとCoolに組みあがるようで、大変Goodな筐体です。フロントの12cmファンのアクセスも楽なようなのも好感が持てます(一番ほこりが溜まる部分ですので掃除がしやすいのは有難いです)。価格なりに板金が薄いようですが、必要なら防振シートを貼れば良いので、ぜひ手に入れてみたい筐体です。

大変良く似た筐体ですが、こちらは、皆さんの評価がさらに高く、少し背が高くなる分上部に水冷ラジエーターを置く場合のクリアランス確保は楽かもしれません。また、ちょっとAmazon直販が他の販売店と比較して反則価格でお買い得感があります。(海外での価格からは妥当な価格)

メーカのサイトも何となく似ています。