赤ちゃんがいる家庭にウォーターサーバーがあると沢山のメリットが生まれて、育児ノイローゼになるような事態も随分と軽減できます。

1.いつでもミルク作りに適した75度以上のお湯が得られます。

ママの代わりにパパがお世話をするのも容易になります。お湯沸かして、ミルクを合わせて、温度調整....なかなか大変なんですよね。生まれて半年くらいは、夜中に起きてあげないといけないですしね。ウォーターサーバーの使用で1点だけ注意!夜間の授乳が必要な間は、ウォーターサーバーの節電機能を止めておいたほうがよいでしょう。多くのウォーターサーバーは夜間は節電モードになり温水の温度が65度前後まで下がっています。この状態でミルクを作るとミルクが含む菌の殺菌ができない危険があります。

2.ミネラルウォーターのペットボトルなどの購入や運搬が必要なくなる。

これは以外に大きいと思います。赤ちゃんを抱えてお買物自体大変ですし、お水のボトルは重いですから、大変です。まぁ、最近はネットスーパーなどのサービスも充実して来ましたから、自宅に配達していただく方法もありますが、コスト的にウォーターサーバーの方が安く付く場合が多いですし、ペットボトルの廃棄の問題も発生してしまいます。もし、ミネラルウォーターを使う場合は、軟水であることを確認しておきましょう。海外製のミネラルウォーターは硬水が多く、消化器官の未発達な乳幼児は下痢をして体調を崩してしまいます。

3.ママの水分不足を防ぐ

母乳だけで育てる場合もその分ママがしっかり水分を取らないといけません。ウォーターサーバーがあると忙しい育児の間でも手軽にお水を飲めますので、ママの水分不足の防止に役に立ちます。

4.調理時間の短縮で、ママの家事と育児の負担を軽減

90度前後の温水が、一度に2~3Lいつでも得られますから、料理でお湯を沸騰させる時間が随分と短縮できます。お水から沸騰させようとすると数分必要ですが、ウォーターサーバーの温水をつかうと10数秒で沸騰します。少しの時間と感じるかもしれませんが、実際に使い始めるとこの時間の短縮がいかに有用かわかると思います。また、離乳食を作る場合にも随分楽になりますので、ママの代わりにパパがお世話するのも容易になります。最近はお手軽で優れた離乳食も沢山ありますしね。

どうですか?どれも納得のメリットだと思います。

赤ちゃんにミルクをあげる

Ben_Kerckx / Pixabay

では、これらのメリットをできるだけお得に感じられるウォーターサーバーを考えてみましょう。

  • 安心なお水であること(あたり前ですので、愛媛県で販売している各社とも安全です。)
  • 軟水であること(天然水には一部硬水の水があります。)
  • ウォーターサーバーの温水の温度が75度以上であること(温水がでるものはすべて該当でしょう)
  • 温水が1回に2L以上給湯出来る。(ショートタイプや売り切りの安価のウォーターサーバーは要注意です。)
  • 赤ちゃんだけでなくほかの小さなお子さんにも安全であること(各社ともチャイルドロックがあります。)
  • 赤ちゃんだけが使う場合は、1L/日、できれば、ママもパパも使って頂いて3L/日のコストが安いもの

最後のコスト以外は、ほぼ各社とも満足しています。

ママやパパも使う場合は、

圧倒的なコストパフォーマンスと品質をぜひ試していただきたい! 水道水のイメージを変えます!!
海人ぬ宝 Linkタグ

アクアセレクト


アクアクララ


クリクラ

赤ちゃんかママしか使わない場合は、

天然水ならこちらも
アクアセレクト


信頼と実績、そしてローコスト。RO水の決定版
アクアクララ


クリクラ

1歳未満のお子様をお持ちのママさんなら、こんなキャンペーンもやってます。

 海人ぬ宝を除いて、宅配水大手の三つ巴の結果となりました。3社のウォーターサーバーともボトル回収があり、コスト重視だと12Lボトルになりますので、ボトル交換の重労働を考えておきましょう。産後直後の12kgは厳しいでしょうから、パパや身近な方の手助けは必要と思います。

ママがボトルの交換をするのであれば、費用が安くボトル交換のいらない海人ぬ宝(うみんちゅのたから)をご検討されるか、費用は高くなりますが、足元タンクや7.2Lハーフボトルのものを選択されるのが良いでしょう。

海人ぬ宝の圧倒的なコストパフォーマンスと品質をぜひご検討ください。
海人ぬ宝 Linkタグ

足元タンクタイプをPickupしておきます。

ネイフィールウォーターのらく楽ウォーターサーバー

 コスモウォーターのらく楽スタイルウォーターsmart

 3ヶ月お試しキャンペーン中のライフスタイルウォーターのらく楽スタイルウォーターsmart